更年期障害を病院で治療する

更年期障害は自然に治る?

更年期障害は閉経の前後5年間の合計10年間ほどの時期に女性の身体におこるさまざまな不調の総称です。閉経という女性の身体にとってのビッグイベントに身体が適応できずにさまざまな症状が発症してしまうわけです。

 

閉経の前後5年ほどとあるように、この更年期障害というのは、言わば期間限定の症状です。閉経を迎えてしばらくすると自然と症状が軽くなっていく場合がほとんどです。

 

その意味において、日常生活に影響を及ぼさない程度の軽い更年期障害の場合は、あまり神経質にならずに経過を観察していくだけで十分です。

 

更年期障害がひどい場合には病院へ

とは言うものの、更年期障害の症状がどの程度発症するかということには個人差があり、人によっては症状が重くなることがあります。

 

  • 突然何の前触れもなくホットフラッシュになることがよくある
  • 気持ちの浮き沈みが激しく仕事や家事が手に付かない
  • イライラし感情のコントロールがつかずに周囲との関係が崩れる
  • 身体の倦怠感がひどく、朝に布団から這い出るのに苦労する
  • 慢性的な頭痛に悩まされており困っている

 

このような重い更年期障害に悩まされており、日常生活に支障が出る場合には、悠長に閉経が終わるのを待つなんてことは出来ません。そのような場合には、専門医のいる病院を訪れるようにしましょう。

 

身体の不調の原因が更年期障害にあると分かっている場合には、基本的には婦人科を受診することになります。また、更年期障害が原因によるメンタルの不調がひどい場合には、心療内科をすすめられることもあるようです。

 

婦人科での更年期障害の治療とは

では、実際に婦人科を受診するとどのような処置をしてもらえるのでしょうか。更年期障害の専門医がいる婦人科クリニックを受診した場合には、ホルモン補充療法という治療を受けることになります。

 

ホルモン補充療法とは、飲み薬や貼り薬で女性ホルモンを身体に補充する治療法のことです。このサイトの別ページでも紹介しておりますが、更年期障害の症状が発症する原因は、閉経に際して女性ホルモンの分泌量が急激に低下することにあります。

 

この女性ホルモンの分泌量の低下により身体のホルモンバランスが乱れ、自律神経失調症などになってしまうのです。この更年期障害の根本的な原因である女性ホルモンの分泌量の低下に直接的に対処をするのがホルモン補充療法です。

 

減っている女性ホルモンを医薬品によってなかば強制的に増やすのです。なので、ホルモン補充療法は更年期障害に対し、直接的に作用する即効性のある治療法であると言えるでしょう。

 

ホルモン補充療法の費用は

では、この更年期障害に対する特効薬であるホルモン補充療法を受けるためにはどの程度の費用が必要となるのでしょうか。クリニックで治療というとどうしも高額なものを想像してしまいますよね。なので、出費を気にして、つらい症状を我慢してしまっている女性も多いようです。

 

しかし、実際のところ、ホルモン補充療法に代表される更年期障害の治療は、保険を適用できるものなので、そこまで自己負担額は多くはなりません。だいたいにおいて、初診で5,000円程度、薬代として月に3,000円程度となっているようです。

 

決して安いわけではありませんが、この費用でつらい更年期障害が楽になると考えると許せる範囲ではないでしょうか。

 

ホルモン補充療法の副作用

医薬品をもちいての治療というと怖いのは副作用です。ホルモン補充療法にはどのような副作用があるのでしょうか。ホルモン補充療法の副作用としては以下のようなものが報告されています。

 

  • 不正出血
  • 胸部の動悸や痛み
  • 体重増加
  • 吐き気や嘔吐

 

これらの副作用があると聞くと不安に思ってしまう方も多いと思いますが、これらの副作用が全ての人にあらわれるわけではありません。また、もし副作用の症状がでても、治療が経過していくにつれて落ち着いていくことがほとんどです。

 

医師と相談しつつ、適切な治療をしていけばそこまで怖くないというのが筆者個人の感想になります。