吐き気も更年期障害の症状のひとつ

慢性的な吐き気は更年期障害の可能性が高い

40代50代の女性は、特に理由もなく体調不良に悩まされることがあります。頭痛や関節痛など、ひとによって症状に違いはでてきます。その中でもとくに多いのが、食欲不振やそれにともなう吐き気です。

 

明確な理由もないのに、長い期間にわたってずっと食欲不振や吐き気などの体調不良に悩まされている。そんな時は、更年期障害を疑いましょう。更年期障害の症状としての吐き気である可能性があります。

 

もし、あなたの吐き気をともなう体調不良の原因が更年期障害にある場合には、通常の体調不良の場合と対処法が異なってきます。いくら胃薬を飲んでも状況は改善しません。

 

理由も分からず慢性的な吐き気などの体調不良に悩まされている場合には、その症状が更年期障害によるものなのではないか、と疑ってみましょう。更年期障害としての吐き気は、その他の更年期障害の症状が併発している場合がほとんどです。

 

  • ホットフラッシュとよばれる急な発汗やほてり
  • 些細なことにイライラし感情の抑えが効かなくなる
  • 理由もなく気持ちが沈み込み、うつ状態になってしまう
  • 慢性的な身体のだるさがある

 

このような代表的な更年期障害の症状に心当たりはないでしょうか。もし、上記のどれかにあてはまり、かつ吐き気や食欲不振に悩まされているようならば、それらの症状にはほぼほぼ更年期障害によるものと判断して間違いないでしょう。

 

その場合は、更年期障害に適した対処をしていく必要があります。更年期障害の症状は適切な対処をすることによって、症状を軽くすることが出来るものです。

 

更年期障害としての吐き気のメカニズム

なぜ更年期障害の症状として吐き気があるのでしょうか。何が原因で吐き気が引き起こされるのでしょうか。その更年期障害のメカニズムを簡単にまとめていきたいと思います。更年期障害として吐き気や食欲不振になる流れは以下のようになります。

 

閉経を迎えるにあたって女性ホルモンの分泌量が低下する
身体のホルモンバランスが急激に乱れる
自律神経神経が適切に機能しなくなる
副交感神経の働きが鈍くなる
胃腸の働きがおかしくなり食欲不振や吐き気を引き起こす

 

簡単にまとめるとこのようになります。根本的な原因は、他の更年期障害の症状と変わりありません。閉経に際して女性ホルモンの分泌量が急激に減ってしまうことにより、身体が上手くバランスを保てなくなってしまうのです。

 

お腹が減ったり胃腸が活発に働くには副交感神経が優位に活動している必要があります。この副交感神経が更年期障害によって機能しなくなり、その結果、食欲不振や吐き気につながってしまうわけです。

 

更年期障害としての吐き気や食欲不振への対策

このように、40代50代の更年期とよばれる年代の女性は、更年期障害によって吐き気や食欲不振に悩まされる可能性が大いにあります。食べ過ぎや飲み過ぎ、もしくは風邪からくる体調不良とは原因が違うということですね。

 

では、このような更年期障害が原因となる食欲不振や吐き気になってしまったらどのように対処すれば良いのでしょうか。以下に簡単にまとめていきます。

 

まず、食欲不振や吐き気の症状が重い場合には、何よりもまず婦人科を受診し、専門医の診断を受けましょう。ひどい症状の方になると、吐き気のみならず、実際に嘔吐してしまい、食事を何も口に出来ないなんて状態になってしまうこともあるようです。

 

そんな状態が続くようでは、まともに日常生活を送ることも出来ませんよね。耐えられるものではありません。すぐに更年期障害の専門医のもとにかけつけホルモン補充療法など適切な処置をしてもらいましょう。

 

次に、吐き気の症状がそこまで重くない場合です。その時は、消化にやさしい食事に切り替えたり、吐き気を抑えるツボを押したりといった基本的なことをまずしてみましょう。

 

そして、それに加えて、体内の女性ホルモンの分泌を促すような食事、例えば大豆イソフラボンを多く含む食事などを心がけていきましょう。

 

体内のホルモンバランスを安定させることこそが、更年期障害の食欲不振や吐き気を抑えるためには必要となります。