更年期障害で関節痛になる

更年期障害としての関節痛

更年期障害の症状としてよく知られているものは、ホットフラッシュとよばれる突発的なほてりやのぼせ、もしくは、イライラな落ち込みなどの情緒の乱れなどだと思います。しかし、実際のところ、この2つの症状の他にも更年期障害にはさまざまな症状があります。

 

あまり知られてはいないことですが、関節痛も更年期障害の症状のひとつとしてあります。40代50代での関節痛というと、どうしても肉体の老化と結びつけて考えてしまいがちですが、その痛みの原因としては更年期障害である場合もあるのです。

 

更年期障害が原因である場合は、単なる肉体の衰えからくる関節痛とは対処の仕方も変わってきます。なので、もしあなたが更年期とよばれる年代の女性で、指や手首、足首などの痛みに慢性的に悩まされているようならば、更年期障害の症状である可能性も考えておきましょう。

 

なぜ更年期障害で関節痛になるのか

どのような原因によって、更年期障害の症状としての関節痛は発症するのでしょうか。そのメカニズムとしては、つまるところ、他の更年期障害の症状と一緒です。つまり、以下のようなものです。

 

更年期になり身体が閉経にむけての準備を始める
閉経に際してエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が下がる
女性ホルモンが減ったことによって、身体のホルモンバランスが乱れる
ホルモンバランスの乱れが自律神経の失調を引き起こす
自律神経が正常に機能しなくなることにより、間接の筋肉や血行に異常がでる

 

このような流れによって、更年期の女性は更年期障害としての関節痛に悩まされるようになります。もちろん、単なる老化による関節痛の場合もあります。しかし、もし情緒が安定しなかったり、はっきりとしない体調不良に同時悩まされているなら、その関節痛は更年期障害の症状である可能性が高くなります。対処法も異なってくるので、ぜひセルフチェックしてみて下さいね。

 

更年期障害の症状としての関節痛の初期症状としては、関節がぽきぽきと鳴り出す、関節に違和感があるなどの軽いものです。ただ、この状態を放置しておくと、全身の痛みにつながったりと症状が悪化していくことがあるので、早め早めに対策をしていくことが大事になります。

 

更年期障害の関節痛に対する対策

では、更年期障害としての関節痛にはどのように対処をしていけば良いのでしょうか。

 

まず、関節痛の痛みがひどく日常生活に支障をおよぼすほどならば、できるだけ早く専門医の診察を受けましょう。ホットフラッシュや情緒の乱れなどの他の更年期障害の症状も併発している場合には、その関節痛も更年期障害である可能性が高いので、整形外科などをすっ飛ばして婦人科へ行くことをおすすめします。

 

婦人科では、ホルモン補充療法という更年期障害に特化した治療を受けることができます。更年期障害のそもそもの原因である女性ホルモンの分泌量の低下に直接的に作用する治療法なので即効性を期待することができます。関節痛だけでなく、その他の更年期障害の症状もまとまえて対処することができる治療法なので、症状がひどい場合にはとくにおすすめです。

 

関節痛には悩まされているが、わざわざクリニックに行くほどではない。そんな時には、まず心掛けるべきこととしては、痛みを感じる関節に負担をかけないような生活をするということです。

 

手首が痛むなら思い荷物を持つのを避けたり、指先が痛むなら手先を使う作業を控えたりすることが大事になります。痛みを我慢して生活することで、症状は悪化していくので気をつけましょう。

 

また、関節によい食生活を意識することも大事です。関節にはビタミンB群です。レバー、卵、大豆製品などを意識的に摂取しましょう。これらの日々の生活の積み重ねが大切です。

 

また、お灸や鍼も血行促進につながり関節痛の痛みの軽減につながるのでおすすめです。ぜひ試してみて下さいね。