高血圧も更年期障害の症状のひとつ

更年期障害の症状としての高血圧

更年期障害というと、ホットフラッシュとよばれる顔のほてりや発汗、またはイライラやうつ症状などをイメージする方が多いと思います。しかし、本サイトで紹介しているように、更年期障害は本当にさまざまな症状として身体に発症します。

 

高血圧などの血圧の異常もそのひとつです。40代50代と年齢を重ねていくにつれて高血圧に悩む確率が上がっていくのは理解ができると思います。しかし、その原因が更年期障害にあるとはなかなか気づけないのが実際のところです。

 

もちろん、更年期の血圧の異常の原因が必ずしも更年期障害にあるというわけではありませんが、可能性のひとつとして頭にいれておくようにしましょう。更年期障害が原因の場合は、高血圧に関しても対処の方法が変わってきます。

 

適切な対処をすることで、症状も軽くで済ませることができます。

 

更年期に高血圧になってしまう原因

では、なぜ更年期障害の症状として高血圧になってしまうのでしょうか。その原因の根本は他の更年期障害の症状と同じです。つまり、閉経をするにあたっての女性ホルモンの分泌量の減少にあります。

 

女性ホルモンの分泌量が急激に低下することによって、身体のホルモンバランスが崩れる。その結果として、自律神経が正常に働かなくなる。

 

この自律神経の失調によって血圧のコントロールもめちゃくちゃになって高血圧となってしまうのです。

 

更年期障害は、つまるところ閉経を迎えて、身体が閉経後の状態で安定することによって症状は自然とおさまっていくものです。そのため、更年期障害の症状としての高血圧も閉経した後には徐々におさまっていくものです。

 

ただ、だからと言って、更年期障害の症状としての高血圧は、放置しておいてよいものではありません。更年期障害というのは、40代から50代にいたるまでの10年間程度続くものです。この10年間という長期にわたって身体が高血圧のままでいるというのは危険がともなうことです。

 

高血圧は、悪化することによって、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの重大な病気につながることがあります。そのため、更年期障害だから、と軽視することなく、高血圧に対する適切な対処をしていくことが大事になります。

 

更年期障害としての高血圧への対策

では、更年期障害が原因であるところの高血圧には、どのように対処をしていけば良いのでしょうか。何よりもまずやるべきこととしては、専門医のいるクリニックを受診することです。

 

上記のように、高血圧というのは、場合によっては死に至る疾病につながることもあるものです。素人目に判断してしまうのではなく、必ず専門家の意見を聞くようにしましょう。

 

また、自宅でも、可能な限り血圧測定などをできる環境を用意しておくのがベターです。日々血圧を測定しそれを記録し医師に提出することによって、より確かな診断をしてもらうことが出来ます。

 

朝晩などの決まった時間に血圧を測定するのはもちろんですが、それ以外にも、例えば、めまいや頭痛、ホットフラッシュなど体調を崩したときの血圧もチェックしておきましょう。

 

最初はいちいち血圧を測定するのは面倒に感じるかもしれませんが、この記録があとあとの診断で活きてきます。血圧測定器もそこまで高価なものではないので、ぜひゲットしてみて下さい。

 

クリニックで医師の診断を受けることと同時にやるべきこととして、日々の生活習慣の見直しがあります。高血圧を助長してしまう生活習慣というものがありますので、それらを矯正し、より身体にやさしいライフスタイルを意識していくことが大事になります。例えば、以下のようなものです。

 

  • ストレスフリーな生活を心掛ける
  • 睡眠不足を解消する
  • 食生活や運動習慣を見直す

 

いきなり全部の生活習慣を見直すのは大変なので、できる範囲から少しずつ新しい習慣をとり入れていくようにしましょう。