頻尿・尿もれも更年期障害の症状のひとつ

更年期障害としての頻尿・尿もれ

更年期とよばれる40代や50代の女性の多くが頻尿や尿もれに悩まされています。これらの泌尿器に関する悩みは、更年期障害の症状のひとつである場合があります。ホットフラッシュやうつ症状などに比べるとそこまでよく知られている更年期障害の症状ではないのが頻尿や尿もれです。

 

そのため、これらの症状に悩む多くの女性が対処法を間違ってしまっているようです。更年期障害の症状としての頻尿や尿もれならば、原因がはっきりとしているために、対処をすることは可能です。

 

更年期とよばれる年代で頻尿や尿もれに悩んでいる女性は、まず自分の症状が更年期障害によるものなんじゃないか、と疑ってみることから始めてみましょう。

 

更年期の女性の頻尿の原因

この更年期障害としての頻尿の原因としては、2つ考えられます。第一に、骨盤底筋という尿道周辺の筋肉が老化によって衰えてしまったためというものです。骨盤底筋は膀胱や子宮を支えている筋肉です。

 

この骨盤底筋は、妊娠や出産を経験することによって弛緩してしまいます。また、肥満体型の人も骨盤底筋がゆるみがちなようです。この骨盤底筋がゆるんだ状態のままでいると、腹圧性失禁という尿もれをしやすくなってしまいます。

 

腹圧性失禁とは、咳やくしゃみなどお腹に急に力が入ったときに思いがけずに尿もれを起こしてしまうものです。症状が悪化していくと、歩いたり階段を昇降していたりするだけでも尿もれにつながってしまうこともあるようです。

 

更年期の女性の頻尿の原因の2つ目としては、他の更年期障害の症状と同じく、女性ホルモンの分泌量の低下によるためというものです。

 

閉経が近づくにつれて、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が急激に減少する。その結果として、身体のホルモンバランスが崩れ、自律神経に乱れが生じる。

 

この自律神経の乱れが、膀胱に刺激を与えてしまい頻尿や尿もれにつながってしまうのです。膀胱が収縮しっぱなしになって、尿を十分に溜められなくなり、トイレが近くなってしまうということですね。

 

更年期の頻尿への対策

では、このような更年期障害としての頻尿・尿もれにはどのように対処していけば良いのでしょうか。いつ尿意をもよおすか分からないという不安や尿もれのニオイが周囲に知られてしまっているのではないかという心配は、大きなストレスになってしまいます。できることならば、頻尿や尿もれの悩みからはできるだけ早く解放されたいというのが本音でしょう。

 

骨盤底筋のゆるみが原因の頻尿・尿もれに関しては、この骨盤底筋を鍛え直すことが必要となります。鍛え直すといっても、ジムなどにいって本格的な筋力トレーニングをしなければならないというわけではありません。

 

ちょっとした刺激を骨盤底筋に与えるような体操やストレッチをするだけです。よく知られているのは、骨盤底筋体操というものですね。肛門と膣を締めたり緩めたりするのを10秒間隔ほどで繰り返すというものです。

 

即効性のあるものではないですが、1、2ヵ月ほど継続していくことによって、効果があらわれ始めるようです。

 

女性ホルモンの分泌量の低下が原因と思われる尿もれや頻尿に関しては、一番手っ取り早いのは、婦人科の専門医を受診し、ホルモン補充療法を受けることです。直接的な原因である女性ホルモンの分泌量の低下にダイレクトに作用する治療法なので、症状の解消に大きな期待が出来ます。

 

また、クリニックに行くほどじゃないという場合には、減少している女性ホルモンの分泌を補ったり、促したりするような栄養成分を積極的に摂取することも効果があります。代表的なものは大豆イソフラボンなどですね。本サイトでもおすすめしている更年期障害対策サプリメントなどを摂取するのが手軽でおすすめです。