生理不順

更年期の女性が経験する生理不順

更年期にはほとんどの妻の生理巡回に違いが訪れます。これまで正しい頻度だった生理の巡回が突如として壊れ始めます。個人個人で当然差異があります。

 

24日光後という少ない巡回で生理が起こったり、逆に39日光以上という生理の期間が空いたりというさっぱりバラバラです。こんな不規則な生理の体制を生理不順とよんでいるね。

 

生理不順が起こる道理

なぜこんな生理不順が起こるかというと、それは閉経の前段階であるからだ。こんな不規則な生理を経て、徐々に生理の周りは長くなっていきます。そうして、1世代限り生理のない状態になると閉経したということになります。

 

こういう閉経の前段階としての生理不順の時期には、生理の出血とは別に不規則な悪用出血が起こる場合もあります。悪用出血が起こる場合には、他の病魔が見て取れることがあるので、奥様科医の受診を受けましょう。

 

ストレスが生理不順を悪化させる

前述のように、閉経の前段階として生理不順は自然なものです。但し、ストレスの多い生活を送っているとこういう生理不順が乱調してしまうことがあります。単に更年期の女性は、専業に家事にといったストレスを浮かべ易い傾向にあります。

 

  • 専業で責任ある身元を任され重荷を感じる
  • 家庭では家族・子育てなどに忙殺され、心休むことがない

 

こんなくらしが上記の閉経の前段階の生理不順と合わさり、症状が一段とひどいものになっているということがあるようです。悪用出血は、場合によっては子宮筋腫や子宮がんなどにも通ずる可能性のあるものです。

 

なので、症状が重くしんどさが貫くようならば、迷わず奥様科医をお越しください。

 

悪用出血への対策

悪用出血は閉経を迎える妻のほとんどが経験する症状だ。そのため、事前にどのようなシチュエーションが起こるかを見識しておき、何かあったときにすぐに対応できるようにしておきましょう。

 

更年期の女性に生じる悪用出血は、場合によっては出血が増えたり、たくさんにかけて出血が止まらなかったりするものです。なので、本当に外でそのような事態になっても対応をできるように、いつもナプキンを持ち運びしておくようにしましょう。

 

出血が増えるときは、通常のナプキンよりもボトムス分類のもののほうが効果があるとされています。

 

悪用出血の症状を軽くするために

更年期の悪用出血は、閉経を迎え身体がその状態に落ち着くことによって自然と治癒するものです。そのため、いつまでも貫くものではなくおわりは確実にしまう。

 

とはいうものの、更年期障害の症状は人によっては10世代位にかけて悩まされる可能性もあるものです。これだけの長い期間にわたって悪用出血にたえなければいけないは苦しいものがありますよね。

 

どうにかして症状を多少なりとも軽くしたいというのが普通です。

 

では、悪用出血の症状を軽くするためには、どのようなことを心掛ければ良いのでしょうか。まず第一に考えるべきことは、専業や家事を含めたライフスタイルからストレスを除くということです。

 

上記のように、生活から慢性的にストレスが蓄積されていくという、それにしたがって悪用出血の症状は悪化していきます。こういうストレスをなんとかすることによって、悪用出血の程度は軽くなることでしょう。

 

ベストなのはストレスの基本を消すことです。但し、普通の世渡りを営んでいるって穏やかな状態を用意するというのは、そんなに簡単な結果はないですよね。

 

  • 職場のネットワークに問題があるから雇用決める
  • 義理の家とのつながりが悪いから隔絶決める
  • 家族や子育ての面倒が広いから一家に手伝って味わう(補佐を雇う)

 

こんな気力はかなりむずかしいものだと思います。自分の一存で即座にこなせるものではないと思います。なので、こんなストレスの先駆けの撤去に力を注ぐのではなく、溜まってしまったストレスを解消する戦法を確立することに試しましょう。

 

  • 嗜好に没頭する
  • アロマテラピーによる
  • 半身浴でリラックスする

 

などなんでも良いのですが、何らかの手段でライフスタイルから蓄積されるストレスを賢く運営していきましょう。そしてストレスを押さえ込むことが出来れば悪用出血に関しても、自然と症状が弱くなっていくはずです。

 

更年期サプリTOPへ