更年期障害でおこる不眠の症状に対処するには

多くの更年期の女性が不眠に悩んでいる

更年期障害の症状の代表的なもののひとつに不眠があります。数ある更年期障害のなかでもこの不眠の症状は、特に多くの女性が悩んでいるものです。

 

20代30代の頃は寝付きも早く、朝はスッキリとして目が覚めていた。しかし40代を過ぎてからは、なかなか寝入ることが出来ず、眠りが浅く、朝になっても身体はだるいまま。

 

このようなことを多くの更年期の女性が感じています。

 

更年期障害としての不眠の原因は

これら更年期に共通する不眠の原因としては、まず第一に、他の更年期障害と同じく体内のホルモンバランスが崩れてしまっているということがあります。ホルモンバランスが崩れていることによって、自律神経が失調し、深い眠りにつくことが出来なくなってしまっているのです。

 

夜中にのぼせや寝汗によって目を覚ましてしまう。また、就寝中に何度もトイレに起きるようになった。このような経験をされている方は、更年期障害にともなう自律神経の乱れによって不眠状態にあると言えるでしょう。

 

また、このような状態に加えて、日常生活におけるストレスが蓄積されていくと、より重度の不眠に悩まされてしまうこともあるようです。以前に比べて、現代の日本社会は女性がストレスを抱え込みやすい社会になっています。

 

会社では責任あるポジションで働き、家に帰っては家族の面倒をみなければならない。そのような板挟みの状態で、ストレス過多になってしまっている更年期の女性が多くいます。

 

そのような場合は、通常の更年期障害としての不眠よりもひどい状態になってしまうようです。眠れないことによって疲れも抜けず、イライラにつながる。また、身体も休まらずに免疫機能が弱まる。

 

このように、どんどん体調悪化のスパイラルに落ちていってしまう女性も珍しくはありません。

 

更年期障害の不眠は期限付きのもの

一般的に、更年期障害が原因である不眠は、更年期が過ぎることによって自然と治るものです。つまり、閉経が終わり、体内のホルモンバランスが再び安定することによって、自然と眠れるようになるというわけですね。

 

しかし、人によっては更年期障害は10年近くにわたって悩まされることもあるものです。なので、不眠になってしまったからといって、そこまで神経質に悩む必要もありません。時が来たら自然と解決するんだーという気持ちでやり過ごすのが良いでしょう。

 

不眠の症状がひどい場合に専門医のもとへ

とはいうものの、更年期障害というのは、人によっては40代から50代にかけての10年にも及ぶ場合があるものです。そのような長い期間にわたってずっと不眠に悩まされ続けるのはなかなかにしんどいものです。

 

なので、途中でどうしても不眠に耐えれれなくなったら、無理に我慢することはせずに、婦人科の更年期障害専門医や不眠外来などを受診しましょう。

 

婦人科を受診すれば、全ての更年期障害の原因であるホルモンバランスの乱れを正してくれるホルモン補充療法を受けることが出来るし、不眠外来にいけば状況に応じた睡眠導入薬なども処方してくれることでしょう。

 

これらで不眠のストレスから解放されることが出来るならば、行ってみる価値はあると思います。いつまでも悩んでいるようならば、思い切って専門医のもとを訪れてみることをおすすめします。

 

就寝前にはリラックスを

また、全ての不眠の解決に重要なことですが、いかにして就寝前にリラックスできるかということがあります。最近多いのが、布団の中でスマートフォンを操作し、画面のブルーライトをもろに受けてしまっている場合です。

 

ブルーライトを受けることによって、脳は自然と覚醒してしまいます。そのため、不眠の状況は悪くなってしまうでしょう。気持ちは分かりますが、不眠に悩んでいる時は、就寝前30分ぐらいはスマホ操作を禁じるようにしましょう。