更年期障害が原因のめまいや耳鳴りに対処するには

多くの女性が更年期障害のめまいに悩んでいる

ホットフラッシュやイライラなどに並んでよく知られている更年期障害の症状のひとつにめまいとそれにともなう耳鳴りがあります。症状が軽い場合には、体がふわふわと浮いているように感じるようです。

 

また、そこから症状が悪化していくことで、天井がぐるぐると回って見えてしまい吐き気をともなうようなめまいになっていきます。

 

これらのめまいは、多くの場合において耳鳴りをともなっています。症状としては、耳の奥のほうで、「サー」といった音や「キーン」といった音が鳴り響くようです。

 

これらのめまいや耳鳴りは更年期障害に特有のもので、多くの女性が悩まされています。ただ、更年期障害に付随するものであり、更年期の終わりがくれば自然とおさまっていくものです。

 

更年期障害のめまいの原因

なぜ更年期障害でめまいになってしまうのでしょうか。その原因としては、他の更年期障害の症状と同じく、自律神経系のバランスの乱れにあります。

 

女性ホルモンの分泌量が減少することによって、自律神経失調症の状態になってしまい、その結果としてめまいも引き起こされてしまうというものですね。

 

このホルモンバランスの乱れにプラスして、加齢からくる眼や耳などの感覚期間の衰えもめまいや耳鳴りの症状を加速させています。

 

つまりは、これまで通りに眼や耳が機能しなくなっているが、その変化を体が受け入れられていないがためにめまいや耳鳴りになってしまっているということです。

 

更年期障害のめまいに対処するには

では、いざ更年期障害が原因と思われるめまいや耳鳴りに悩まされるようになったら、どのように対処をすれば良いのでしょうか。第一に考えるべきことは、安静にするということです。

 

めまいの状態で無理に動こうとしても、転倒してしまうなどの危険があります。なので、無理をせずに、その場にしゃがみこんだり、可能ならば横になって休むことが大事になります。

 

また、めまいはストレス過多の状態でよく発症してしまうものです。過労や心労が身体や心に蓄積させることによって、SOSの意味でめまいや耳鳴りがおこるということですね。なので、ストレスを溜め込まないことも、もちろん大切になります。

 

ただ、仕事がストレスの場合などは、なかなかストレスの源を除去することは出来ないかと思います。そのような場合には、仕事で溜めてしまったストレスを発散できる方法を確立するようにしましょう。

 

趣味などに没頭すると、セロトニンという幸福感をもたらすホルモンが分泌されます。このセロトニンの働きでリラックスすることができ、めまいは起きづらくなるとのことです。

 

眼圧を安定させる食事を

めまいには血圧が関係しています。血圧があるべきレベルよりも高かったり、その逆に低かったりするとめまいになってしまうのです。なので、この血圧を一定に保つことがめまいの予防には大切になります。

 

見直すべきは、やはり食事です。血圧を安定させるような食事を意識しましょう。

 

具体的には、塩分を控えること、お腹いっぱい食べないことなどです。意識して摂取するべき食品としては、血流促進につながるような、大豆製品、ナッツ類、かぼちゃなどがおすすめです。

 

また、青魚の脂も血圧の安定のためには重要です。さばの水煮缶なども積極的に食べるようにしましょう。

 

自炊をする時間がない場合などは、ちょっとの出費をして、サプリを摂り入れることをおすすめします。

 

このサイトで紹介している更年期障害対策のサプリは、血圧を安定させる栄養成分はもちろん、その他の更年期の女性に不足しがちな栄養成分をまとめて手軽に摂取できるものです。

 

1日100円程度から始めることができます。ベストが自炊での栄養補給なのは当然ですが、そうする時間もないという方は、ぜひともサプリという選択肢を考えてみて下さいね。

 

詳しくは、このサイトのランキングページをチェックしてみて下さい。