更年期障害が原因となる頭痛とは

更年期に慢性的な頭痛に悩む女性は多い

更年期障害のひとつの症状として、頭痛があります。一般に、緊張型頭痛や偏頭痛と呼ばれるものですね。緊張型頭痛とは、頭がぎゅっと締め付けるような痛みをともなう頭痛です。眼精疲労やストレスを引き金にして発症することが多いものです。

 

一方の偏頭痛とは、頭の片側がズキズキと響くように痛む頭痛です。偏頭痛になると光や音に敏感になり、ひどくなると吐き気をともなうこともあります。どちらも日常生活をおくるうえでは障害となる症状ですね。

 

頭痛になってしまったら市販の頭痛薬を

いざ頭痛になってしまったら、市販の頭痛薬を使ってみるのもありです。その場しのぎではありますが、相性の良い頭痛薬ならばきちんと痛みを散らしてくれるはずです。

 

ただ、原因が更年期障害にある頭痛なので、根本解決にはならないということを覚えておいて下さい。また、頭痛薬の使いすぎ身体への負担が大きくなり、胃が荒れてしまう原因となるので、使いすぎには注意をするようにしましょう。

 

緊張型頭痛にはストレッチと視点移動を

緊張型頭痛に効果的な手法としては、ストレッチがあります。緊張型頭痛はずっとPC作業やデスクワークなどをしているとなってしまうものですが、そのような時に首や肩を曲げ伸ばしすることによって症状が緩和することがあります。

 

また、遠くの景色を眺めたりして、目の疲れをリラックスさせるのも効果的です。

 

偏頭痛になったら無理をしない

緊張型頭痛よりもやっかいなのが偏頭痛です。偏頭痛はほうっておくと痛みがどんどん強まることがあります。なので、偏頭痛になったと感じたら、無理をすることなく暗く静かな場所で休む必要があります。

 

その時に、横になって目をつぶって、冷たいもので頭を冷やすとより効果的です。当たり前のことですが、スマホなど光の刺激があるものの使用は控えましょう。

 

頭痛を予防するためには

では更年期障害を原因とする頭痛を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。一番効果があるとされているのは、他の更年期障害と同じく、食生活を見直すことになります。頭痛の予防に効果のある栄養成分としては、ビタミンEやカプサイシンですね。

 

ただ、これらの栄養成分をもれることなく、日々の食事から摂取することは難しいかと思いますので、確実を期すためには、やはりサプリメントの使用も視野に入れると良いと思います。

 

本サイトでは繰り返し、ネット通販で購入できる更年期障害対策サプリメントをおすすめしています。

 

このタイプのサプリメントには、ビタミンEやカプサイシンなどはもちろん、他の各種ビタミンミネラル、大豆イソフラボンやポリフェノールなどなど、日常の食事のみでは不足しがちな栄養成分をまとめて摂取することができるものです。

 

本サイトの別ページにてランキング形式でおすすめの更年期障害対策サプリを紹介しています。サプリには興味があるが、どの商品を選んで良いか分からないという方は、ぜひとも参考にして下さいね。

 

また、即効性のある方法ではありませんが、ストレスを溜め込まない生活をすることも大事です。やはりストレスを溜め込んでしまうとそれだけ身体は不調をきたします。

 

理想はストレスの源を除去することですが、それはなかなか難しいことだと思います。なので、溜め込んでしまったストレスを発散できるような趣味などを持つことも大切になってきます。

 

ストレスがなくなり、脳がリラックスすることによって、自律神経のバランスは安定するとされています。そのような状態が保たれていれば、頭痛が発症する確率も自然と低くなるはずです。

 

また、冷えは頭痛の大敵ですので、身体の特に末端を冷やさないような生活をこころがけましょう。お風呂にゆったりとつかるなどもおすすめです。