ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとはどんな症状か

ホットフラッシュとは、更年期障害の代表的な症状のひとつです。顔など身体の部位がカーっと急激に火照って、不自然に汗が吹き出る現象のことです。外気温に関係なくこのような状態に身体がなってしまうので、人前などでは困ってしまいますよね。

 

ホットフラッシュの原因

ホットフラッシュの症状がおこる原因は、他の更年期障害の症状と同様に自律神経の乱れにあります。更年期には女性ホルモンの分泌量が急激に低下します。

 

そのため、体内のホルモンバランスがめちゃくちゃになり、自律神経が正常に機能しなくなってしまうのです。その帰結のひとつとして、ホットフラッシュが起こってしまうというわけですね。

 

ホットフラッシュになってしまった時は

いざホットフラッシュになってしまった時にはどのようにして対処すればいいのでしょうか。基本的には自然におさまるのを待つしかないのが現状です。しかし、首筋に冷えているウェットティッシュをあてたり、扇子で顔に風を仰いだり、上着を脱いで薄着になったりすることによって、少しはラクになるようです。

 

また、人前で恥をかいてしまうのを防ぐという意味において、事前に汗脇パッドのようなものを装着しておくこともおすすめします。とにかく何の前触れもなく突然襲う現象なので、焦らずに対応することが大事になるかと思います。

 

制汗剤の使いすぎには注意を

汗が大量に吹き出るので、市販の制汗剤で対応しようかなという方もいることでしょう。しかし、制汗剤の使いすぎには要注意です。制汗剤は、汗腺を塞いでしまう効果があります。

 

ある一箇所の汗腺を塞ぐと、その汗は別の部位から吹き出してしまうことになります。なので、大量の汗が吹き出るホットフラッシュに関しては、制汗剤というのはあまり役にたたないとされています。

 

ホットフラッシュへの対策

ホットフラッシュが本当にひどくなってしまった時には、躊躇することなく専門医のいる婦人科クリニックを受診しましょう。更年期障害の治療として婦人科クリニックで行われるものには、ホルモン補充療法というものがあります。

 

つまり、分泌が減ってしまっている女性ホルモンを医薬品を用いて補充することによって、崩れてしまっているホルモンバランスを均衡させようというものです。即効性のあるホットフラッシュ対策としては、このホルモン補充療法が一番だと思います。

 

ホルモン補充療法の欠点としては、通院の時間がとられるということと金銭的な負担が大きくなるということです。クリニックごとに違いはあるようですが、だいたい月に5万円ほどの出費は覚悟をしないといけないようです。

 

ホットフラッシュは厄介な症状なので、この金額を安いと判断するかどうかは個人によると思いますが、おいそれと試せる価格ではないことは確かです。

 

クリニックに通いホルモン補充療法をしてもらう以外の方法としては、サプリメントを利用するというものがあります。サプリメントは栄養補助食品です。

 

必要な栄養成分を補うことで、減ってしまっている女性ホルモンの分泌を促すというものです。もちろん医薬品を用いるわけではないので、ホルモン補充療法ほどの即効性はありません。

 

しかし、きちんと継続をすることで確かな効果を実感することのできる手法です。

 

金額にしても1日100円程度から始めることができます。また、1日に2、3粒のタブレットを飲むだけなので、忙しい方でも無理なく継続することができます。

 

これらの点を鑑みて、本サイトではサプリメントによるホットフラッシュを含む更年期障害の対策をおすすめしています。

 

別ページではおすすめの更年期障害サプリメントもランキング形式で紹介しているので、興味がある方は、ぜひとも試してみて下さいね。