更年期障害の症状にはどんなものがあるか

更年期障害とひとえに言っても、その症状にはさまざまな種類があります。どのような症状に悩まされるかは、個人個人によって差があります。

 

事前に、更年期障害の症状にはどのような種類があるのか、ということを理解しておき、いざ自分がそのような症状になったときには、慌てずに適切な対処が出来るようにしましょう。以下に、代表的な更年期障害の症状を列挙していきます。

 

ぜひ自分の体調と照らし合わせて、自分が更年期障害であるかどうかをセルフチェックしてみて下さいね。

 

更年期障害でおこる身体の症状
  • 生理不順・不正出血
  • 疲れが抜けない・倦怠感・無気力
  • のぼせ・ほてり・多汗
  • めまい・耳鳴り・頭痛
  • 手足のしびれ
  • 膣炎・膀胱炎・性交痛
  • 皮膚の乾燥・かゆみ
  • 眼精疲労・老眼・ドライアイ
  • 食欲不振
  • 手足の冷え・むくみ
  • 不眠・寝付きが悪い
  • 関節痛・骨粗しょう症
  • ドライマウス・口臭
  • 顔のしわ・たるみ
  • 肥満・コレステロール値の上昇
  • 肩こり・腰痛・首の痛み
  • 白髪・薄毛
  • 便秘・下痢労感・倦

 

更年期障害でおこる心の症状
  • イライラと怒りっぽくなる
  • 不安がちになり気分が落ち込む
  • うつ症状
  • 物忘れがひどくなる
  • 記憶力の低下
  • ネガティブ思考になる
  • 社交性がなくなる

 

などなど、これらが更年期障害の症状の一部です。本当に色々な種類があることが分かります。これらは全て、同じ原因があります。

 

つまり、閉経に際しのホルモンバランスの乱れによって引き起こされているということです。人間の身体はホルモンによってコントロールされています。そのバランスが乱れることで、一気に人間は体調を崩してしまうのです。

 

閉経を迎えるにあたって、女性の身体は女性ホルモンを分泌しなくなります。つまり、閉経が近づくと、体内における女性ホルモンの分泌量が急激に下がることになります。

 

この女性ホルモンの分泌量の低下によって引き起こされるホルモンバランスの乱れを総称して更年期障害と呼んでいるのです。女性ホルモンの分泌量の低下に身体が追いついていかないのですね。

 

女性ホルモンの減少で、骨粗しょう症や動脈硬化にも

また、閉経後、つまり女性ホルモンの分泌量が減ってしまった後には、女性は骨粗しょう症や動脈硬化にも気をつけなくてはいけません。ホルモンバランスの乱れることで、骨量が一定に保てなくなります。

 

その結果として、骨がスカスカになり、骨折しやすくなってしまいます。また、ホルモンバランスの乱れにともなうコレステロール値の上昇が悪化することによって、動脈硬化となり、心筋梗塞や脳卒中、狭心症などの重大な病気のリスクが高まります。

 

少しでも更年期障害をラクにするために

このように、閉経という女性の身体にとっての大きなイベントが引き起こす更年期障害はさまざまな症状を引き起こします。もちろん、個人個人によってその程度に差はありますが、それでもつらい症状を抱えてしまうのは間違いないでしょう。

 

少しでもこの更年期障害の症状を緩和したいと思うはずです。

 

そんな方におすすめなのが、更年期障害サプリメントの利用です。比較的安価に購入することができ、かつ継続も苦労なくできるということで、本サイトでは更年期障害対策として一番におすすめしています。

 

もちろん、症状がひどくにっちもさっちもいかない場合には、専門医のいる婦人科クリニック、もしくはうつ症状がひどい場合には心療内科などを訪れるべきです。

 

しかし、これらのクリニックはお金も時間もかかります。なるべくなら利用したくないという方もいるかもしれません。そんな方にまず検討してほしいのがサプリメントを利用しての食事療法です。

 

本サイトの別ページではランキング形式でおすすめサプリを紹介しているので、興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。

 

1日に100円程度で、更年期障害の症状に効く手法です。ネット通販なら全額返金保証制度などもあるので、万が一サプリが自分に合わなかった場合などでも安心です。ぜひ検討してみて下さいね。