更年期障害サプリメントは含有成分で選ぶ

更年期障害サプリを選ぶ時には含有成分をチェック

本サイトでは、繰り返し更年期障害への対処法としてサプリメントをおすすめしています。その理由としては、クリニックなどと比べると経済的負担が少ないということと、手間をかけることなく継続することができるということがあります。

 

もしかすると、この記事を読んでいる方の中にも更年期障害サプリメントに興味がある方もいらっしゃるかもしれません。ただサプリメントの購入に慣れていない方がほとんどではないでしょうか。その胡散臭さから購入を躊躇している方もいるかもしれません。

 

そんな方のために、更年期障害におけるサプリメント選びのTIPSをお伝えしようと思います。まず何よりも意識するべきことは、必要な栄養成分が必要な量きちんと含有されているかということです。

 

更年期障害サプリメントを選ぶならば、更年期障害の症状の緩和に通じるような栄養成分が必要な量だけきちんと摂取できるかどうかということです。これをまずは優先して下さい。

 

サプリメント選びに慣れていない方は、有名メーカーだからという理由やパッケージがオシャレだからといった理由でサプリメントを選びがちです。その方法だと、どうしても「ハズレ」のサプリメントを選んでしまう確率が高くなってしまいます。

 

安くはない金額を出費するのだから、少しでも効果のある質の高いサプリメントを選びたいですよね。そのために必要なのが、含有成分と含有量のチェックです。

 

以下に、更年期障害に効果があるとされている栄養成分をまとめていきます。更年期障害対策のサプリメントを選ぶ時には、これらの栄養成分がきちんと配合されているかどうかを忘れずにチェックするようにして下さいね。

 

大豆イソフラボン

 

更年期障害対策の栄養成分として、もっともポピュラーなものが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは、体内に摂り込まれることにより女性ホルモンのエストロゲンの代わりとして働くとされています。

 

本サイトで繰り返し説明しているように、更年期障害の直接的な原因は女性ホルモンの分泌量の低下にあります。この低下しつつある女性ホルモンを補ってくれるのが大豆イソフラボンということですね。

 

更年期障害に悩む女性が大豆イソフラボンを含む食品を積極的に摂取することによって、ほてりや発汗などのホットフラッシュを抑えることが出来るとも報告されています。

 

また、身体の血の巡りがよくなり、子宮も元気になるとされています。更年期障害サプリメント選びにおいては、大豆イソフラボンがきちんと含有されているかをまずチェックしましょう。

 

ブドウ種子ポリフェノール

 

抗酸化作用があるとされるブドウ種子ポリフェノールも更年期障害の対策には大事な栄養成分となります。血流を促進したり、生活習慣病予防に効くのはよく知られています。

 

それらに加えて、ブドウ種子ポリフェノールは、抑うつ・不安・睡眠症状の改善にも効果があるとされています。乱れている自律神経を整えてくれる栄養成分ということですね。

 

更年期障害が自律神経失調症であることは、本サイトで繰り返し述べていることです。そのことからもブドウ種子ポリフェノールがどれだけ大事かということが分かるかと思います。

 

葉酸など各種ビタミン

 

葉酸は妊婦さんに必要な栄養成分として知られていますね。この葉酸ですが、更年期障害の対策にも効果があります。更年期障害の症状として、抑うつ、倦怠感、だるさなどがありました。

 

これらのうつ症状に効果があるのが葉酸なのです。葉酸を積極的に摂取することによって、身体をリラックスさせるセロトニンというホルモンの分泌が促進されます。このセロトニンが沈み込みがちな更年期のメンタルをサポートしてくれるのです。

 

以上、代表的な3つの栄養成分を紹介しました。まずは、これら3つの栄養成分がきちんと含有されているかを基準に更年期障害サプリメントを選んでみましょう。

 

本サイトでは、おすすめのサプリメントもランキング形式で紹介しているので、興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さいね。