40代の更年期障害の症状を知ろう!

40代の更年期障害の特徴とは

更年期とは、閉経の前後10年ほどの時期のことを指します。日本人女性の閉経の時期の平均は50歳ごろとのことなので、40歳から60歳ぐらいまでのあいだが更年期とということになりますね。

 

その意味において、40代というのは更年期にまさに突入し始めた時期ということになります。徐々に更年期障害の症状にも自覚が出て来る時期ですね。そして50歳に近付いていくにつれて、どんどんと症状が重くなっていくのが普通のようです。

 

この時期の更年期障害はまだ本格化する前の場合がほとんどです。そのため、早めに気づくことによってセルフケアで対処することも可能になります。更年期障害は老化の始まりを象徴するものでもあるため、なかなか自覚したくはないものです。

 

しかし、誰にでもいつかは訪れるものなので、そこから目を背けることなく、症状にきちんと向き合うようにしましょう。早め早めの対策によって、苦しいつらい症状を回避し、なだらかに閉経に向かっていくことができます。

 

40代の更年期障害の症状とは

では、40代の女性の更年期障害には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。以下にその代表的なものを列挙していきます。ぜひ自分の身に置き換えてセルフチェックしてみて下さいね。

 

  • ホットフラッシュとよばれる急激なほてりや発汗がある
  • 手足など末端の冷えがひどくなる
  • 足のむくみがなかなかとれない
  • 太りやすい体質になったように感じる
  • 慢性的な便秘もしくは下痢に悩まされている
  • 慢性的な食欲不振に悩まされている
  • ちょっとしたデスクワークなどで目の疲れを感じる
  • 肌の荒れがひどくなり、かゆみや乾燥に悩んでいる
  • 歯周病や口臭に悩まされるようになった
  • 薄毛や抜け毛が急に気になるようになった
  • ちょっとしたことですぐに疲れを感じる
  • いくら休んでも日中に眠気に悩まされる
  • ちょっとしたことでイライラするようになった
  • 理由のない不安や落ち込みにさいなまれる
  • めまいや頭痛、耳鳴りに悩まされている
  • 物忘れなど記憶力の低下が顕著になった
  • 肩こりや腰痛、関節の痛みがひどくなった
  • 手足のしびれを感じるようになった
  • 頻尿や尿もれに悩まされるようになった

 

などなど、これらが40代で感じるようになる更年期障害の症状です。程度の差こそあれ、どれかしらには心当たりがあるという方がほとんどではないでしょうか。

 

もしひとつでも当てはまるものがあるならば、自分はもう更年期障害に悩まされている可能性があるんだと思うようにしましょう。そして、適切な対処をし、症状を少しでも軽く出来るようにしましょう。

 

40代で起こる更年期障害の原因とは

更年期障害の原因は、言うまでもなく、閉経にともなう体内のホルモンバランスの乱れです。閉経という身体にとっての大イベントに向けて、徐々に女性ホルモンの分泌量が少なくなっていきます。

 

この分泌量の低下は急激なものであるために、身体がその変化についていくことが出来ず、その結果として、更年期障害の症状が発症するということです。

 

40大の更年期障害の症状を軽くするために

更年期障害の症状を少しでも緩和させたいと思うならば、この女性ホルモンの分泌量の低下を緩やかにする必要があります。手っ取り早いのは、婦人科を受診し、ホルモン補充療法などをしてもらうことです。

 

しかし、これには時間もお金もかかるために、万人が利用できるものではありません。

 

そんな方におすすめしたいのが、サプリメントなどを通じての食生活の見直しです。現代を生きる女性は、仕事の忙しさなどから栄養摂取に偏りがあります。日々の食事をジャンクフードやファストフードで済ましているという方も少なくないでしょう。

 

そんな偏った栄養摂取を、サプリメントで補うことによって、身体が元気なります。その結果として、女性ホルモンの分泌も活性化させるとのことです。そこまでお金を手間もかからないので、第一歩の対処法としておすすめです。