30代の更年期障害の症状とは

30代でも更年期障害になる

更年期障害というと、どうしても40代や50代の女性に特有のものというイメージがあります。しかし、本サイトで繰り返し述べているように、20代や30代の若い年代の女性であっても、更年期障害の症状に悩まされることはあります。若年性更年期障害とよばれているものですね。

 

生活習慣の乱れや仕事のストレスなどから体内のホルモンバランスが崩れ、更年期障害と同様の症状に悩まされてしまうというものです。多くの若い女性が、自分でも気付かないうちに、若年性更年期障害になっているようです。

 

30代女性の更年期障害の症状とは

では、30代という若い世代の女性の更年期障害にはどのような症状があるのでしょうか。気付かず更年期障害になっている方も多くいるので、自分の体調をセルフチェックして、自分に若年性更年期障害の可能性がないかをセルフチェックして下さいね。

 

  • 手足などの末端の冷えがひどい状態が続く
  • 顔のみがカッと熱くなり汗が出ることがある
  • 炊事や洗濯などの家事が面倒に感じるようになった
  • 笑顔など感情を表に出すことが少なくなった
  • 他者と関わることにわずらわしさを感じるようになった
  • 1日を通してやる気が出ないことが多くなった
  • 原因不明のめまいや頭痛、耳鳴りなどに悩まされている
  • いくら休んでも身体から疲れが抜けない
  • 寝付きが悪くなり、眠りが浅くなった
  • 肩こりや腰痛に頻繁に悩まされるようになった
  • 生理不順や不正出血、生理痛などがひどくなった

 

これらは若年性更年期障害の代表的な症状です。もし、どれかしらに当てはまるものがある場合には、自分が若年性更年期障害である可能性があるということです。特に多いのがメンタル面の浮き沈みです。日常的なストレスによるものとして症状を放置してしまう方が多いのが実際のところです。

 

しかし、自分が若年性更年期障害であると認識し、適切な対処をすることによって、その症状を改善させることは可能です。まずは、セルフチェックをし、自分の若年性更年期障害を自覚することから始めましょう。

 

症状がひどい場合には専門家に

もし、上記のような症状がひどく、日々の生活にも悪影響がある場合には、自分でなんとかしようとするのは得策ではありません。迷うことなく専門家を訪れましょう。婦人科の専門医のいるクリニックですね。

 

自分の症状を事細かに伝えることで、適切な処置や薬の処方をしてくれるはずです。つらい症状に悩まされている場合には、なんとか時間に都合をつけて最寄りの婦人科クリニックを訪れるようにしましょう。

 

基本的な対処法は生活習慣の見直しから

そこまでひどい症状でない若年性更年期障害の場合は、生活習慣を見直すことによって症状が改善する場合が多くあるようです。すでに述べたように、若年性更年期障害の原因としては、仕事におけるストレスや乱れた食生活などです。

 

これらの原因となる生活習慣をなんとかすることによって、つらい症状を緩和させることができます。

 

  • ストレスの発散法を確率する
  • ジャンクフードやファストフードを止める
  • サプリメントで栄養バランスを見直す
  • ジムに通い運動を習慣づける

 

基本的なことですが、若年性更年期障害の原因を根本から除去するためには、これらの生活習慣の見直しが欠かせません。やったその日からといった即効性こそありませんが、確実に自分の人生にプラスとなることです。

 

いきなり生活習慣を一変することは大変かと思いますので、出来る範囲から少しずつ生活習慣の見直しをすすめていくようにしましょう。

 

最優先でやるべきは食生活です。特に無茶なダイエットなどで摂取する栄養素に偏りがある方は、サプリメントなどを利用するなどして、身体に十分な必要な栄養素を行き渡らせることが出来るようにしましょう。

 

ちょっとした心がけで状況は確実に好転していくはずです。