若年性更年期障害の書状をチェックしよう!

更年期でなくても更年期障害になる

更年期とは、40代や50代のことを指す言葉です。そのため、更年期障害というと、どうしてもこの年代の女性に特有の症状だと考えてしまいがちですよね。しかし、実際のところ、更年期障害は20代や30代の若い世代の女性にも起こりうるものです。

 

このタイプの更年期障害は若年性更年期障害と呼ばれています。「まだ自分は更年期障害になる年齢じゃない」このように考えしまうことによって、多くの女性が自分が若年性更年期障害であることに気づいていないことが多くあるようです。

 

若年性更年期障害の原因も同じ

40代50代の女性の更年期障害も、20代30代の女性の若年性更年期障害も、その発症してしまう原因は同じです。つまり、体内における女性ホルモンの分泌量の低下によって、ホルモンバランスに乱れが生じ、自律神経失調症となってしまうということです。

 

40代50代の女性は閉経を迎えるにあたってホルモンが乱れるのですが、20代30代の女性は生活習慣の乱れやストレスの蓄積が引き金となっていることが多いようです。

 

若年性更年期障害の症状とは

繰り返しになりますが、更年期障害の症状は、つまるところ自律神経失調症です。そのため、なかなか自分が更年期障害であると認識することは難しくなっています。

 

しかし、早めに自分の更年期障害に気づくことで、症状が重くなる前に対処することも可能となります。その意味でも、代表的な若年性更年期障害の症状を知っておき、いざ自分の体調が悪化したときに、自分が更年期障害であるかどうかを判断することが大事になります。

 

以下に、若年性更年期障害の代表的な症状を列挙していきますので、自分が若年性更年期障害でないかセルフチェックしてみて下さい。もし、少しでも若年性更年期障害の可能性があるなら、早め早めの対処が大事になってきます。

 

  • 頻繁に生理不順に悩まされることがある
  • 突然に動悸や息切れをすることがある
  • ふとしたことでイライラしてしまうことが増えた
  • 眠りが浅くなり、いくら休んでも疲れが抜けない
  • 理由もなく顔が赤く火照ってしまうことがある
  • 急に汗が出てしまうことがある
  • 冷え性が悪化している
  • 抜け毛や肌荒れに悩まされるようになった

 

これらは若年性更年期障害の代表的な症状です。もし、ひとつでも心当たりがある場合には、自分は若年性更年期障害の可能性があると考えましょう。

 

そして、その若年性更年期障害の原因であるホルモンバランスの乱れの要因を突き止め、何らかの対処をするようにしましょう。多くの方は、生活習慣の改善などを徹底することによって、症状を緩和させることに成功しているようです。

 

また、症状がひどくて仕方がないという場合には、躊躇することなく婦人科など更年期障害の専門医のいるクリニックを受診しましょう。

 

自分ひとりでいくら悩んでいても解決できないことであっても、専門医を受診し、お薬を処方してもらうことでケロッと良くなったなんてこともあるようです。長くつらい自律神経失調症に悩んでいる場合には、何とか時間に都合をつけてクリニックを受診してみて下さい。

 

最近では、女性の社会進出も進み、今までになく女性がストレスを感じるようになっているそうです。そのような状況に比例して、若年性更年期障害に悩む女性も増えつつあるようです。

 

また、10代後半などの女性であっても、無茶な食事制限のダイエットをしてしまうことにより、若年性更年期障害の症状に悩んでしまうこともあるようです。

 

更年期障害はどうしても年配の女性に特有のものというイメージがありますが、その固定観念をいったん捨て去り、自分も若年性更年期障害かもしれないと疑ってかかることが大事になります。