女性の若年性更年期障害の症状とその原因を知ろう!

更年期でなくとも更年期障害にはなる

更年期障害というと、40代から50代の女性に特有の悩みというイメージがあるかと思います。しかし、実際のところ、20代や30代の若い年齢層の女性であっても、更年期障害と同様の症状に悩まされることはあります。

 

これら若い世代の更年期障害は、まとめて若年性更年期障害とよばれています。いざ自分が若年性更年期障害になった時に、即座に気づいて対処できるように、若年性更年期障害の症状とその原因についての理解を深めておきましょう。

 

若年性更年期障害の原因とは

更年期障害とは、女性の身体が閉経をするにあたって体内の女性ホルモンの分泌量が急激に低下することによって発症する症状のことです。

 

エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌量が下がることによって、体内のホルモンバランスに乱れてしまい、その結果として、さまざまな自律神経失調症の症状が表出してしまうものですね。閉経は50歳前後に平均しておこるものなので、その前後10年ほど、つまりは45歳から55歳ぐらいが更年期とされています。

 

しかし、最近では、このような更年期の年齢に達していない若い世代の女性でも、更年期障害と同様の症状に悩まされています。マスコミなどは、このような若い年代の体調不良を若年性更年期障害とよんでいますね。

 

まだ閉経を迎えるには早い年代であるにもかかわらず、なぜ更年期障害と同様の症状に悩まされるのでしょうか。結論から述べてしまうと、若年性更年期障害の原因は、何らかの要因により、更年期障害のように体内のホルモンバランスに乱れが生じてしまうことにあります。

 

では、若い世代の女性は、具体的にどういった要因によって体内のホルモンバランスを崩し、若年性更年期障害となってしまうのでしょうか。以下にその代表的なものをピックアップしてみます。

 

  • 仕事や人間関係による過度のストレス
  • 極端な食事制限をともなう無茶なダイエット
  • 結婚、出産、育児などによる大きな生活習慣の変化
  • 夜更かしなどによる不規則な睡眠時間
  • デスクワーク中心の生活による慢性的な運動不足

 

これらの生活習慣が要因となって、女性は体内のホルモンバランスを乱してしまいます。その結果として、若年性更年期障害にともなう症状に悩まされてしまうということですね。どの要因も、現代日本を生きる女性に特有なものだと思います。

 

この要因をどうにかすることなしには、つらい若年性更年期障害の症状から解放されることもありません。大変だとは思いますが、生活習慣の見直しを出来る範囲からしていくようにしましょう。

 

若年性更年期障害の症状とは

若年性更年期障害にはどのような症状があるのでしょうか。上記のように、若年性更年期障害はホルモンバランスの乱れによる自律神経失調症です。そのため、メンタル面の不調につながることが多くあります。

 

その具体例としては、以下のようなものがあります。

 

  • 理由のない動悸の高まり
  • 突然の異常な発汗
  • 手足の急激な冷え
  • 慢性的なイライラや気分の落ち込み

 

どれも馴染みがあるメンタル面の不調だと思います。そのため、これらの症状にみまわれても、なかなかそれが若年性更年期障害であると気づくことはないのが現実です。

 

しかし、若い年代であるにもかかわらず、これらの症状に慢性的に悩まされている場合には、若年性更年期障害の可能性を疑ってみましょう。症状がひどい場合には婦人科を受診しましょう。また、症状が軽い場合には、サプリメントなど食生活の見直しで対処するようにしましょう。

 

現代の日本社会は、残念ながら、成人女性が生きやすい社会ではありません。社会進出が進み仕事のプレッシャーがあるにもかかわらず、家庭の仕事もしなければならない。そのような余裕のない生活をしている女性が多くいます。

 

そのため、若年性更年期障害に悩まされている方が増加傾向にあるようです。少しでも早く自分が若年性更年期障害であることを認識し、適切な対処をするようにしましょう。