あなたも若年性更年期障害かも

若い年齢の女性でも更年期障害に悩まされる

更年期障害に悩まされる女性というと、比較的高齢のイメージがありますよね。一般的に、更年期とは50代前後を指すことが多いようです。よって、更年期障害に悩まされる女性も40代から60代ぐらいのイメージがあると思います。

 

しかし、実際のところ、20代や30代の女性であっても、更年期障害と同様の症状に悩まされることはあります。若年性更年期障害と呼ばれるものです。放置しておくと悪化してしまうこともあるので、若年性更年期障害について理解を深めておき、いざ自分の身に起こったときに適切な対処が出来るようにしておきましょう。

 

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは、更年期とよばれる時期より若い時点において発症してしまう更年期障害のことです。更年期障害に悩まされる女性というと40代、50代ぐらいの女性というイメージあると思いますが、実際のところ、20代から30代の女性であっても更年期障害と同様の症状に悩まされています。

 

まだ自分は更年期障害になる年齢じゃない。そのように思ってしまうことから、なかなか発症を自覚することができずに、症状が悪化してしまうことがあるようです。

 

若年性更年期障害の原因は

一般的な更年期障害の原因は、閉経を迎えるにあたっての女性の体内におけるホルモンバランスの乱れです。では、若年性更年期障害の原因はどういうものでしょうか。

 

結論から述べてしまうと、やはり若年性更年期障害の原因も体内のホルモンバランスの乱れにあります。閉経を迎えるにはまだ若い年齢でありながらも、更年期の女性のように体内のホルモンバランスが乱れ、身体が不調を起こしているということですね。

 

ホルモンバランスの乱れはなぜ起こる?

では、なぜ更年期でない若い年齢であるにもかかわらず、体内でホルモンバランスの乱れが起こってしまうのでしょうか。以下に、代表的な原因を列挙しています。ご自身の生活習慣を省みて、心当たりがないかをチェックしてみて下さいね。

 

  • 仕事や人間関係による過度のストレスを抱えている
  • 暴飲暴食が習慣づいており、肥満体型である
  • 極端な食事制限をともなう無茶なダイエットをしている
  • ヘビースモーカーである
  • 慢性的な睡眠不足に悩まされている

 

これらの生活習慣を続けていると、体内のホルモンバランスに乱れが生じます。女性ホルモンの分泌量が減ったりするわけですね。自律神経失調症とよばれるものです。その結果として、卵巣機能の低下などの更年期障害と同様の症状が発症してしまうことになります。

 

上記のような生活習慣をしている女性はストレスを溜め込んでしまい、生理不順や無月経に悩んでいることが多くあるようです。これらを総称して若年性更年期障害と呼んでいるということですね。

 

若年性更年期障害への対策とは

もし、今あなたが若年性更年期障害と思われるひどい症状に悩まされており、日常生活をおくるのも困難がともなうならば、第一にするべきことは婦人科を受診することです。症状がひどい場合には、自分で判断するのは危険です。必ず、更年期障害を専門に扱う婦人科の医師に診断を仰ぐようにしましょう。

 

若年性更年期障害の症状は、放っておいても自然と快方に向かっていくものではありません。きちんと医師に自分の状態を伝え、薬を処方してもらうなり、ホルモン補充療法を受けるなり対処をしましょう。

 

一方で、まだそこまで症状が重くない若年性更年期障害である場合には、婦人科にわざわざ通うことなくとも、症状を軽減させることは可能です。そのためには、まず何よりもその原因となるものを除去することです。つまりは、生活習慣の改善ですね。

 

ストレスがたまる生活をしているならば、その環境を見直す必要があります。寝不足の場合には、なんとかして睡眠時間を確保する必要があります。食生活が乱れている場合には、栄養バランスを見直す必要があります。

 

基本的なことで何を今さらという感じではありますが、若年性更年期障害を根本からなんとかするためには、生活習慣の見直しは避けて通れません。出来る範囲から少しずつで良いので、ちょっとずつ改善していきましょう。