男性の更年期障害の初期症状を知ろう!

男性にも更年期障害はある

更年期障害というとどうしても女性に特有の症状であるというイメージがあると思います。しかし、実際のところ、男性にも更年期障害と呼べるような体調の変化があることが分かっています。

 

30代、40代、50代と年齢を重ねていくにしたがって、男性の身体にもさまざまな症状が発症することになります。働き盛りのこの時期には、出来るだけ体調を良くしておきたいですよね。そのためにも、いざ男性の更年期障害になってもすぐに対処できるように、その初期症状についてしっかりと認識しておくようにしましょう。

 

男性の更年期障害もホルモンと関係が

女性の更年期障害は、女性の体内で分泌される女性ホルモンの急激な減少によって引き起こされるものです。女性の身体が閉経を迎えるにあたっての女性ホルモンの分泌量の低下が女性の更年期障害の直接的な原因でした。

 

この女性の更年期障害と同様に、男性の更年期障害においても体内のホルモンバランスが大きく関与しています。男性の更年期障害に関与するホルモンは代表的な男性ホルモンであるところのテストステロンです。

 

テストステロンの分泌が減ると男性は更年期障害に

男らしさをつかさどる男性ホルモンであるテストステロンは、20代前半で分泌量がピークを迎えます。その後、中高年に近づいていくにつれてテストステロンの分泌量はだんだんと減少していきます。その結果として、性欲が無くなったりEDになったりするわけです。

 

しかし、このテストステロンは、男性のメンタルにおいても大きな影響を果たしているホルモンです。このテストステロンの分泌量の減少にともなうメンタル面の不調が男性の更年期障害と呼ばれるものであるということですね。

 

男性のテストステロンの初期症状とは

では、具体的には、どのような症状が男性の更年期障害の初期症状なのでしょうか。以下に代表的な症状を列挙していくので、ご自身の身体の状態と照らし合わせてみて下さい。

 

  • 日常的な集中力の低下
  • 何をするにしても無気力を感じる
  • 慢性的な不眠に悩まされている
  • 何気ないことでも不安感にさいなまれる
  • 慢性的な頭痛に悩まされている
  • ふとしたことでイライラするようになった
  • 何もなくても急に発汗するようになった
  • 性力の低下や勃起障害に悩まされている

 

あなたの年齢が30代以降であり、これらの症状に身に覚えがある場合には、あなたは男性の更年期障害である可能性が高くなります。体内におけるテストステロンの分泌量が減少しており、そのホルモンバランスの乱れが体調不良につながっているということです。

 

症状がひどくなる前に適切な対処をすることによって、この男性の更年期障害の症状は悪化することを回避することが出来ます。まずは自分が更年期障害なのではないかと疑うことから始めてみましょう。

 

まずは自分が更年期障害であると認識することから

言うまでもなく、上記のような男性の更年期障害の初期症状は、日常的に起こりうるものです。そのため、いざ症状を自覚しても、それを更年期障害であるとみなすことはせずに、そのまま放置してしまう男性が多くいます。

 

「仕事のストレスによるものだろう」
「過去にも似たようなことがあったし、放っておけば治るだろう」
「そこまでひどい症状でもないし、我慢することで乗り切ろう」

 

男性の更年期障害は、女性のものに比べると、そこまで認知度が高くありません。そのために、このように何の対策もしないで症状を悪化させてしまう方が多くいるようです。

 

このサイトにて繰り返して述べていることですが、更年期障害は、適切な対処をすることによって、症状を軽減することができるものです。男性であっても、メンタル面の体調不良によって日常生活のパフォーマンスが落ちてきたな、と感じるようになったら、更年期障害の可能性を疑ってみましょう。