女性の更年期障害の初期症状とは?

更年期障害の初期症状は分かりづらい

更年期障害の症状は、一見すると、日常生活においてもこれまでに経験してきたような体調不良と似たようなものがほとんどです。そのため、多くの女性はその体調不良の原因が更年期障害の症状であるとはなかなか気づくことはありません。

 

しかし、自分の更年期障害の初期症状に気づくことは、その後の対策を迅速にすすめていくにあたっても大きな利点となるものです。更年期障害が起こるであろう40歳前後の年齢になったら、きちんと更年期障害の初期症状を疑うようにしましょう。

 

本格的に更年期障害が始まる前の症状

更年期障害が本格化するのは、身体が閉経に迎えるにあたって準備を始める40歳以降とされています。しかし、この年齢になる前の30代の時期においても、女性の身体には更年期障害の一種と思われるような体調の変化が訪れます。

 

この比較的若い年代における更年期障害の症状は「プレ更年期」と呼ばれたりしているようです。以下にその代表的な症状を列挙していきます。身に覚えがあるかどうか、ぜひチェックしてみて下さい。

 

  • 慢性的な寝不足により怒りっぽくなっている
  • 毎日の入浴時に立ちくらみになりやすくなった
  • 炊事や洗濯などの家事が面倒に感じるようになった
  • 以前と比べて物忘れをすることが多くなった
  • 何かと汗をかくことが増えたように感じる
  • 機敏な動きをすることにしんどさを感じるようになった
  • 上半身のほてりを日常的に感じることがある
  • 下半身の冷えを日常的に感じることがある
  • 激しい運動をしてないのに、強い動悸がすることがある
  • なんとなく日々の生活や仕事にやる気が出ないようになった
  • 睡眠が浅くなり、疲れが抜けづらくなってきた

 

30代から40代にかけての年齢層の女性であって、このような体調の変化を日常的にかかえているようならば、それは更年期障害の初期症状である可能性が高いということになります。

 

もし、少しでも心当たりがあるようならば、早め早めに更年期障害に対する対策を開始するようにしましょう。言うまでもないことですが、更年期障害が重症化する前の初期段階において対策をはじめることが出来れば、それだけ更年期障害の症状を軽減する可能性も高くなります。

 

更年期障害とは、つまるところ、加齢にともなう体内のホルモンバランスの急激な乱れによって引き起こされた自律神経失調症です。そのため、30代から40代のまだ更年期とみなされない年代においては、ただの体調不良と自己診断してしまう女性も多くいるようです。

 

しかし、そのような若い年代の女性においても、上記のような体調の変化があった場合には、更年期障害の初期症状であることが多くあります。そのことをきちんと認識しておきましょう。

 

更年期障害の初期症状に気づいたら

重度の更年期障害の症状に悩んでおり、日常生活をおくるのもままならないようならば、言うまでもないことですが、婦人科の専門クリニックを訪れ、専門医に適切な診断をしてもらうことが第一となります。無理をするのは何よりも厳禁です。

 

しかし、上記の列挙してようなそこまで深刻ではない更年期障害の初期症状に気づいたときには、婦人科を受診せずとも自分で対処することもできます。病院にいく手間暇がないという方はぜひ参考にして下さい。

 

自分で出来る更年期障害の対策

自分で簡単に自宅で行える更年期障害の対策としては、以下のようなものがあります。

 

  • 市販薬
  • サプリメント
  • フィットネス
  • 食生活の見直し

 

更年期障害の原因は、女性の体内における急激な女性ホルモンの分泌量の低下にあります。加齢にともない女性ホルモンの分泌量が減るのは仕方のないことですが、これらの対策をすることによって、その分泌量の低下のスピードを軽減することは可能となります。

 

何もしないでいるよりは、更年期障害の症状もだいぶ軽減させることになるはずです。ぜひ自分の出来る範囲のことから始めて下さいね。