ホルモンとのコネクションは起こる?

更年期障害はホルモンって間柄あり

更年期障害は体内のホルモン分散といった密接に関係しています。端的に言ってしまえば、体内のホルモン分散が老化にて圧倒的段取りを迎えることによって更年期障害のさまざまな症状が発症するのです。

 

その意味で、多少なりとも更年期障害の症状のクラスを軽減するためには、体内のホルモン分散を賢くコントロールすることは普通と言えるでしょう。更年期において、自分のカラダではホルモン分散がどんな段取りをしているのかを理解することから始めましょう。

 

更年期におけるホルモン分散の段取り

更年期におけるホルモン分散は、対処から先におっしゃるといった、ママホルモンの圧倒的減算ということになります。代表的なママホルモンとしては、エストロゲンというプロゲステロンだ。こういう2つのホルモンは卵巣から分泌されています。

 

それらママホルモンは月の物などをつかさどっておるホルモンだ。こういうホルモンが40お代時分の更年期を境に急激に分泌されなくなってしまいます。それに付随してあるコンディションが更年期障害というわけですね。

 

閉経を迎えるにあたってのコンディション

なんで更年期です四十路からこういうママホルモンの分泌音量の圧倒的減算が起こるのでしょうか。それは、閉経を迎えるについて、ボディーが仕度を通しているからに他なりません。閉経は、つまりは、月の物がなくなることです。

 

未成年後を絶頂として、ママホルモンの分泌音量はだんだん減っていきます。こういう減算が急激に加速するのが40年以降の機会というわけです。そうして、50年を過ぎ、月の物がなくなるというママホルモンの分泌はほとんどなくなります。

 

圧倒的ホルモン分散の段取りにボディーがおいつかない

こういう閉経を迎えるにあたっての圧倒的身体の段取りには、人間の心身は実に対応できるものではありません。卵胞が鎮まり、ママの分泌音量が減ってしまっているにもかかわらず、脳はそのことをどうしても認識できません。

 

なので、ボディーがママホルモンを分泌できないのに、脳は今まで通りにママホルモンを分泌するようにボディーに命令をするのです。こういう脳というボディーとの食い違いは自律神経の支配を乱す成行となります。それが更年期障害として発症するわけですね。

 

更年期障害は自律神経失調症

つまり、更年期障害は、自律神経失調症のひとつという事ができます。ボディーが閉経を迎えるにあたってママホルモンを分泌しなくなる。ただし、脳は今まで通りママホルモンホルモンを分泌しようと講じる。

 

こういうボディーと脳の隔りを通じて、ボディーや心情にさまざまなインパクトがうまれることになります。更年期障害の症状です、動悸、のぼせ、発汗、頭痛、肩こりなどは自律神経失調症の代表的な症状でもあります。全ての原因はホルモン分散の崩壊にあるのです。

 

現代のママを取り巻く環境が更年期障害に悪影響

現代の全国世間はおとなママにおいて、ちょっと生き辛い世間であるとされています。世間進出にともなう葛藤、一家や養育の葛藤、父母の介護など、これらはママの気掛かりとして重くのしかかります。

 

これらの葛藤がママの心身に蓄積されることによって、そのママの更年期障害は悪化の一途をたどっています。そういう葛藤を日常的に手広く抱え込んでいるママほど更年期障害の症状が厳しいという傾向があるようです。

 

では葛藤を多少なりとも軽減することから

閉経は誰にでも現れるものであり避けられないことです。それにともなうホルモン分散の乱調もある程度は腹積もりしなくてはならないことです。

 

ただし、上記のような日常的に思える葛藤は自分の周囲の身寄りや仲間のアライアンスを通じてようやく燃やすことが出来るものであると思います。こういう葛藤をどうにかして軽減し、自律神経失調症の症状を抑制させることこそが、更年期障害を多少なりともラクに脱するためのカギと言えると思います。

 

更年期サプリTOPへ