女性ホルモンの分泌量の減少が更年期障害を招く

更年期障害はホルモンと関係あり

更年期障害は体内のホルモンバランスと密接に関係しています。端的に言ってしまえば、体内のホルモンバランスが加齢によって急激な変化を迎えることによって更年期障害のさまざまな症状が発症するのです。

 

その意味で、少しでも更年期障害の症状の程度を軽減するためには、体内のホルモンバランスを上手くコントロールすることは必須と言えるでしょう。更年期において、自分の体内ではホルモンバランスがどのような変化をしているのかを理解することから始めましょう。

 

更年期におけるホルモンバランスの変化

更年期におけるホルモンバランスは、結論から先に述べると、女性ホルモンの急激な減少ということになります。代表的な女性ホルモンとしては、エストロゲンとプロゲステロンです。この2つのホルモンは卵巣から分泌されています。

 

これら女性ホルモンは月経などをつかさどっているホルモンです。このホルモンが40代前後の更年期を境に急激に分泌されなくなってしまいます。それに付随して起こる体調の変化が更年期障害というわけですね。

 

閉経を迎えるにあたっての体調の変化

なぜ更年期である40歳前後からこの女性ホルモンの分泌量の急激な減少が起こるのでしょうか。それは、閉経を迎えるにあたって、身体が準備を始めているからに他なりません。閉経とは、つまりは、月経がなくなることです。

 

10代後半をピークとして、女性ホルモンの分泌量は徐々に減っていきます。この減少が急激に加速するのが40歳以降の時期というわけです。そして、50歳を過ぎ、月経がなくなると女性ホルモンの分泌はほとんどなくなります。

 

急激なホルモンバランスの変化に身体がおいつかない

この閉経を迎えるにあたっての急激な身体の変化には、人間の心身はなかなか対応できるものではありません。卵胞が減り、女性の分泌量が減ってしまっているにもかかわらず、脳はそのことをなかなか認識できません。

 

なので、身体が女性ホルモンを分泌できないにもかかわらず、脳は今までとおりに女性ホルモンを分泌するように身体に命令をするのです。この脳と身体との齟齬は自律神経のコントロールを乱す結果となります。それが更年期障害として発症するわけですね。

 

更年期障害は自律神経失調症

つまり、更年期障害とは、自律神経失調症のひとつという事ができます。身体が閉経を迎えるにあたって女性ホルモンを分泌しなくなる。しかし、脳は今までとおり女性ホルモンホルモンを分泌しようとする。

 

この身体と脳のズレによって、身体やメンタルにさまざまな影響がうまれることになります。更年期障害の症状である、動悸、のぼせ、発汗、頭痛、肩こりなどは自律神経失調症の代表的な症状でもあります。全ての原因はホルモンバランスの崩壊にあるのです。

 

現代の女性を取り巻く環境が更年期障害に悪影響

現代の日本社会は成人女性にとって、まだまだ生きづらい社会であるとされています。社会進出にともなうストレス、家事や子育てのストレス、親の介護などなど、これらは女性の負担として重くのしかかります。

 

これらのストレスが女性の心身に蓄積されることによって、その女性の更年期障害は悪化の一途をたどっています。このようなストレスを日常的に多く抱え込んでいる女性ほど更年期障害の症状が重いという傾向があるようです。

 

まずはストレスを少しでも軽減することから

閉経は誰にでもおこるものであり避けられないことです。それにともなうホルモンバランスの乱れもある程度は覚悟しなくてはならないことです。

 

しかし、上記のような日常的に感じるストレスは自分の周囲の家族や仲間の協力によってなんとか減らすことが出来るものであると思います。このストレスをどうにかして軽減し、自律神経失調症の症状を緩和させることこそが、更年期障害を少しでもラクに乗り切るための秘訣と言えると思います。