年齢による更年期障害の症状の違い

更年期障害とひとえに言っても、その症状にはさまざまな種類があります。また、今の自分が更年期のどの時期にいるかによって、発症する症状にも違いが生じてきます。今の自分が更年期のどの時期にいるかを客観的に認識し、今の自分にはどのような更年期障害の症状が発症する可能性があるのかを知りましょう。

 

更年期とは、一般的に閉経前後の5年間のことをいいます。まず、この更年期の時期に身体に不調がおきるのが更年期障害です。ただ、閉経前の5年間と閉経後の5年間とで身体におこる症状には違いがでてきます。さらに、この閉経前と後に加えて、更年期前、更年期後にも特有の症状が発症することがあります。

 

閉経前5年間の更年期障害の症状

日本人の女性の閉経の時期は、おおよそ50歳前後とされています。つまり、閉経前の5年間とは、だいたい45歳ぐらいから50歳ぐらいまでの時期のことを指します。この時期に発症しやすい更年期障害としては、以下のようなものがあります。

 

月経異常

 

月経周期が乱れたり、出血量の増減などが更年期障害の最初の兆候であるとされています。これまでの月経と何らかの変化を感じるようになったら、それは更年期障害の始まりであることが多いということですね。自分の更年期障害にいち早く気づくためにも、自分の月経の状態をチェックしておくようにしましょう。

 

ほてり・発汗・寝汗

 

ホットフラッシュなどとよばれる身体のほてりや急な発汗なども閉経前の時期に多くみられる更年期障害の症状です。人によってその程度に差こそありますが、ホットフラッシュは発症してから5年以内に治まることが多いようです。閉経前に始まり、閉経がすむころには症状は軽くなっていくということですね。

 

閉経後5年間の更年期障害の症状

閉経の時期を50歳とすると、閉経後の5年間は50歳から55歳の間となりますね。この時期は、閉経にともなって女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の低下によって、身体に更年期障害の症状があらわれるようになります。

 

イライラやうつなど

 

閉経にともない女性ホルモンの分泌量が急激に変化することによって、情緒が不安定になりがちなのがこの閉経後の5年間の時期です。もちろん精神状態が不安定になる理由は、必ずしも更年期障害の症状であるというわけではありません。

 

しかし、一説によるとこの閉経後の5年間の時期は他の年齢の時期と比べて、2倍から4倍ほど情緒が不安定になりやすいようです。また、人によっては、更年期が過ぎても(55歳を過ぎても)、更年期障害が原因であるうつ症状が継続してしまうkともあるようです。

 

膣や尿路の異常

 

閉経後の5年間には、メンタル面に加えて、膣や尿路などの身体の部位にも更年期障害の症状があらわれます。膣においては、乾燥やかゆみ。尿路においては、頻尿や尿もれなどです。一見すると更年期障害とは関係ないように思える症状ですが、閉経にともなうホルモンバランスの崩れに原因があるものです。

 

更年期前におこる更年期障害の症状

人によっては、閉経前の5年間という更年期より前に更年期障害と同様の症状があらわれることがあります。このような40歳未満で更年期障害の症状があらわれる場合を若年性更年期障害とよびます。若年性更年期障害は早期閉経と密接な関連性があるとされています。

 

若年性更年期障害の特徴

 

若年性更年期障害でおこる症状は基本的には更年期障害と違いはありません。しかし、その症状は一般的な更年期障害よりも重くなることが多いようです。また、早期閉経を併発する場合が多く、その場合は更年期障害の症状が発症する期間が長引くことがあるようです。

 

つまりは、通常の更年期障害よりも症状が重く長くなってしまうのが若年性更年期障害というわけです。

 

若年性更年期障害の原因

 

若年性更年期障害の原因としては、まず子宮がんや子宮内膜症、卵巣がんなどで卵巣を除去した場合があります。病気が原因となるものですね。また、病気以外にも、最近ではストレスや喫煙、太りすぎや痩せすぎなどの生活習慣が原因となる若年性更年期障害も増えてきているようです。

 

更年期障害後におこる更年期障害の症状

55歳を過ぎてからも、つまり閉経後5年程度が経過してからも、更年期障害と思われる症状に悩まされる女性がいます。身体が老化していくことに並行して症状が悪化していくというものですね。このようなタイプの更年期障害の症状には以下のようなものがあります。

 

  • 物忘れや記憶力の低下
  • 骨粗しょう症
  • 心疾患

 

老化現象と思われるこれらの症状ですが、大きな意味においては、更年期障害のひとつであるといえます。これらの症状は、閉経にともなう女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の減少によって発病率や発症率が上がるものです。60歳以上、70歳以上となるにつれてより発症しやすくなるということです。

 

まとめ

このように、ひとえに更年期障害といっても、閉経前の5年間、閉経後の5年間、若年性更年期障害とよばれる更年期前の症状、老化にともなう更年期後の症状とさまざまな種類があり、違いがあります。自分の身体におこる変化がどのようなタイプの更年期障害なのかを理解し、適切な対処をできるようにしましょう。